博物館評価制度


 

 和歌山県立博物館施設では、県民の方々をはじめ多くの人々が訪れ、学び、楽しむことができる教育文化拠点となることを目指し、博物館施設の機能強化に取り組んでいます。

 

 博物館評価制度はこの機能強化の一環として実施するもので、平成25年度から当館を含む全ての県立博物館施設(4館)が協調し、評価項目の設定等の制度設計を行ってきました。

 

 評価の手順は、当館が年度当初に目標・指標を設定し、当該年度終了後に運営状況を自己評価し、博物館協議会評価部会委員(外部委員)の意見を聴取した上で、その結果を教育長に協議し、最終的な評価を行うこととしています。

 

 今後、この評価結果を踏まえ、運営のさらなる改善に努めてまいります。

 

 

 平成26年度和歌山県立博物館評価 
 平成27年度和歌山県立博物館評価