和歌山県立博物館の出版物


 


 和歌山県立博物館のミュージアムショップでは、博物館の発行書籍や、他では入手しに
くい和歌山県に関する専門雑誌等を販売しています。直接ご購入いただくほか、郵送での
販売も行っておりますので、是非ご利用下さい。郵送でご購入される場合は、購入希望図
書名・送付先住所・氏名をご明記いただき、現金書留にて代金と送料(送料については、
切手可)を同封の上、博物館あてにお送り下さい。到着次第、商品を発送致します。 


購入申込先
〒640-8137 和歌山市吹上1-4-14 和歌山県立博物館
TEL.073-436-8670(代表) FAX.073-423-2467 

*本体重量80g以下の書籍につきましては定形外(一般封筒使用)で送付致します。
*各書籍の送料欄の金額は、本体重量80g以上の書籍については、書籍用封筒の重さ190gを加えて計算していますので、ご注意下さい。
*複数の書籍をご購入の場合、すべての書籍の重量を加算の上、書籍用封筒の重さ190gを加えて、下記のゆうメール(旧冊子小包)送料表をご参考に送料をご算出下さい。ご不明な点がございましたらお気兼ねなくお問い合わせ下さい。
*送料は郵便料金が改定されると変更になります。その都度ご確認下さい。


ゆうメール(旧冊子小包)送料
 150gまで 
 250gまで 
  500gまで
 1kgまで 
 2kgまで 
  3kgまで 
180円
215円
300円
350円
460円
 610円
 
*3kg以上は「ゆうパック」による発送になります。その場合の送料につきましては、当館にお問い合わせ下さい。
*速達は、2kgまで320円増、3kgまで470円増。
 定形外郵便(80g以下の冊子の場合)280円増。

  

展 覧 会 図 録


書  籍  名
発行日
価格
重量
送料 (一冊分)

東照宮の文化財Ⅱ
―没後400年 家康の遺宝―

17.4.22

900円

270g

300円

有田川中流域の仏教文化
―重要文化財・安楽寺多宝小塔修理完成記念―

17.1.21

800円

168g

300円

蘆雪溌剌―草堂寺と紀南の至宝―

16.10.18

2000円

850g

460円

戦乱の世から泰平の世へ
-16~17世紀の紀北・泉南地域-

16.9.10

1900円

863g

460円

鯨とり―太地の古式捕鯨―

15.11.10

700円

225g

300円

弘法大師と高野参詣

15.9.19

2500円

1400g

460円

高野山開創と丹生都比売神社
―大師と聖地を結ぶ神々―

15.4.25

1400円

600g

350円

熊野―聖地への旅―

14.10.18

2100円

1150g

460円

紀伊国カセ田荘と文覚井
―水とともに生き、水を求めて闘う―

13.10..26

1700円

939g

460円

黄河と泰山展―中華文明の源と世界遺産―

13.9.14

2500円

646g

350円

桑山玉洲のアトリエ
―紀州三大文人画家の一人、その制作現場に迫る―

13.4.27

1200円

534g

350円

高野山麓 祈りのかたち

12.10.20

2000円

1040g

460円

災害と文化財―歴史を語る文化財の保全―
12.4.28
300円
79g
180円
中世の村をあるく―紀美野町の歴史と文化―
11.10.22

1,200円
1700円

913g
460円
華麗なる紀州の装い ―かみ・ひと・ほとけをつなぐ―
11.4.23

850円
1200円

480g
350円
京都・安楽寿院と紀州・〝あらかわ〟
―木食応其を支えた僧・覚栄の事績を中心に―
10.9.18

1,400円
2000円

1030g
460円
移動する仏像 ―有田川町の重要文化財を中心に―
10.4.24

850円
1200円

 467g
350円
野呂介石 ―紀州の豊かな山水を描く―
09.10.27

1,400円
2000円

1100g
460円
熊野三山の至宝 ―熊野信仰の祈りのかたち―
09.9.8

1,300円
1800

800g
350円
きのくにの精華
―和歌山県立博物館寄託の国宝・重要文化財―
09.4.25

250円
350円

63g
140円
没後400年 木食応其 ―秀吉から高野山を救った僧―
08.10.18
2,000円
1020g
460円
田辺・高山寺の文化財
08.4.26

900円
1,300円

385g
350円
文人墨客 ―きのくにをめぐる―
07.4.28

850円
1,200円

514g
350円
和歌祭 ―祭を支えた人々、祭に込めた思い―
06.4.29
1,200円
520g
350円
浄教寺の文化財
06.1.21
1,000円
385g
350円
信仰と美術(国立博物館・美術館巡回展図録)
01.1.12

360円

780g
350円
熊野―和歌山県立博物館収蔵品選集―
99.7.17

280円

490g
350円
中国・山東省の至宝
98.9.23

400円

690g
350円
東照宮の文化財1 家康と頼宣
98.4.25

120円

100g
300円
遙かなるエジプト ―古代人の生活を探る―
97.4.26

360円

390g
350円

紀州徳川家 陶磁の美

95.9.15

300円

395g
350円
新発見 川中島合戦図屏風の世界
93.2.27

100円

70g
140円
和歌浦玉津島神社 ―名宝・歴史・風景―
92.10.27

300円

295g
300円
長保寺の文化財 ―仏画と経典―
92.1.15

300円

360g
350円
田中敬忠コレクション きのくにの香り
88.10.22
240円
310g
350円
常設展示図録 きのくにの歩み
―人々の生活と文化―

94.7.7
(11.3.31第7刷)

1,000円
375g
350円
(※)各送料の欄は、送付用封筒190gを加算した金額です。複数冊ご購入される場合は、各図録の重量を加算した上で送付用封筒190gも加算頂き、送料をご算出下さい。

 

和歌山県立博物館研究紀要

  

書  籍  名
発行日
価格
重量
送料 (一冊分)
和歌山県立博物館研究紀要  第22号
(特集 海の国わかやま)

「熊野水軍小山氏をめぐる資料」坂本亮太、「江戸時代後期の熊野灘における古式捕鯨の実態について―和歌山県立博物館所蔵『紀州熊野浦捕鯨図屛風』の分析を通じて―」竹中康彦、「近世紀州日高川河口の開発・津波と『波除堤』」藤本清二郎、「和歌山県域に残る地震津波関係史料Ⅱ」前田正明、滝尻王子の滝尻金剛童子立像について」大河内智之、和歌山県立博物館年報(平成26年度)

16.3.31
700円
455g
350円
和歌山県立博物館研究紀要  第21号

「シンポジウム『九・十世紀の熊野と王権―熊野の神像へのまなざしから―』概要報告」川崎剛志、「神像の成立過程からみた熊野速玉大社の神像群」伊東史朗、「熊野の神像とその図像継承―地域史叙述の観点から―」大河内智之、「宇多上皇の宗教活動と熊野―中世熊野信仰の前史の考察―」上島亨、「宗心一筆経の謎」竹中康彦、「浦宏氏収集資料からみた紀南考古学会の活動」中村貞史、「和歌山県域に残る地震津波関係史料Ⅰ」前田正明、和歌山県立博物館年報(平成25年度)

15.3.31
700円
353g
350円
和歌山県立博物館研究紀要  第20号

「素描 仮面位相論」乾武俊、「乾武俊氏の収集仮面について―中世在銘資料の紹介とともに―」大河内智之、「野呂介石自筆の「四碧斎印譜」(和歌山県立博物館蔵)」安永拓世、「雑賀貞次郎宛書簡・宇井縫蔵宛書簡 南方熊楠筆(和歌山県立博物館蔵)」竹中康彦、「宝来山神社所蔵資料目録」前田正明、和歌山県立博物館年報(平成24年度)

14.3.31
800円
530g

350

和歌山県立博物館研究紀要  第 19 号

「仏像の移動とその実態-彫刻資料から地域史を読み解くために-」大河内智之、「鎌倉後期の禅僧無本覚心と地域社会-「野上八幡宮託宣記」を読む-」坂本亮太、「紀州東照宮所蔵「紺地宝尽小紋小袖」について-染織技法の検討と徳川家康所用小紋染服飾類との比較を中心に-」福島雅子、「紀州池田荘金剛寺旧蔵大般若経の流転」竹中康彦、「浦宏氏の日高郡田井遺跡の調査について」中村貞史、「中村直勝・田井啓吾述「郷社 宝来山神社の御由緒に就いて」(宝来山神社所蔵)」前田正明

13.3.15
700円
366g
350円
和歌山県立博物館研究紀要  第 18 号

「中津川行者道(極楽寺)の修験道関係資料」大河内智之、「紀美野町神野市場・満福寺所蔵の大般若経について」竹中康彦、「荘官の家と説話―「国?系図」の世界―」坂本亮太、「野呂介石の画風変遷―その山水表現を中心に―」安永拓世
12.3.31
700円
425g
350円
和歌山県立博物館研究紀要  第 17 号

「歓喜寺地蔵菩薩坐像(胎内仏)について」大河内智之、「荒川荘分田支配切符帳」坂本亮太、「天正一九年安楽川村検地帳・天正一九年野田原村検地帳」前田正明
11.3.31

500円
700円

380g
350円
和歌山県立博物館研究紀要  第 16 号

「鞆淵八幡神社の随身像」伊東史朗、「和歌山県所在の熊野三所権現本地仏像―東仙寺・藤白神社・個人所蔵資料の紹介―」大河内智之、「発給文書からみた木食応其の動向―新出文書の紹介をかねて―」前田正明、「和歌山県立博物館の音声ガイドシステムについて」竹中康彦
10.3.31

350円
500円

275g
300円
和歌山県立博物館研究紀要  第 15 号

「寛正四年康永作東光寺不動明王二童子像と熊野本宮」大河内智之、「『紀伊国造系図』の成立と伝来過程―日前宮における系譜編纂事業の展開―」鈴木正信、「原稿「新庄村合併に就て」南方熊楠筆(和歌山県立博物館蔵)」竹中康彦、「紀伊藩士高城家資料目録」前田正明
09.3.31

350円
500円

167g
300円
和歌山県立博物館研究紀要  第 14 号

「かつらぎ町花園中南・地蔵寺所蔵の大般若経について」竹中康彦、「白浜町・塩野薬師堂の平安時代彫刻―二天立像修理報告とともに―」大河内智之、「祇園南海の新出画―「峰下鹿群図」と「美人石上読書図」の史的位置―」安永拓世、「「諸寺諸社造営目録」(「続宝簡集」巻五四所収)について」前田正明、「紀の川市上田井の極楽寺文書について」高木徳郎
08.3.31

400円
600円

348g
350円
和歌山県立博物館研究紀要  第 13 号

「熊野那智大社十二所権現神像と下御門仏師」大河内智之、「紀伊藩士壱岐家文書について」前田正明、「「熊中奇観」(和歌山県立博物館蔵)」竹中康彦 
07.3.31

500円
700円

420g
350円
和歌山県立博物館研究紀要  第 12 号

「紀の川市下鞆淵・大善寺所蔵の大般若経について」竹中康彦、「文和三年院弁作宝勝寺十一面観音坐像と南北朝時代の安宅荘」大河内智之、「紀ノ川流域荘園における混作と出作」高木徳郎、「雑賀踊の成立」野田阿紀子、「谷文晁筆「赤坂庭園五十八勝図」(和歌山県立博物館蔵)とそのまなざし」安永拓世、「喜多村進収集絵はがき目録(2)」 
06.8.31

350円

420g
350円
和歌山県立博物館研究紀要  第 11 号
(特集 喜多村進の生涯とその業績)

「喜多村進の初期文芸活動─花袋、藤村との関わりを中心に─」岡本和宣、「喜多村進考─帰郷後の活動を中心として─」須山高明、「南蛮胴具足」池田宏「高野山麓天野大念仏講旧蔵「六道絵」の制作背景─南都所縁の十一面観音菩薩図像を中心として─」山本聡美、「本光寺阿弥陀三尊像について─仏足文を有する来迎行三尊像の初期作例として─」大河内智之、「かつらぎ町三谷・龍谷寺所蔵の大般若経について」竹中康彦、「矢倉安安のこと─「芳野図」(和歌山県立博物館所蔵)を中心に─」安永拓世、「喜多村進収集絵はがき目録(1)」
05.3.31

300円

400g
350円
和歌山県立博物館研究紀要  第 10 号
(特集 天野の歴史と芸能)

「中世成立期天野社をめぐる二・三の問題」木村茂光、「天野・延命寺の仏像群─高野山膝下における平安時代の造像事例─」大河内智之、「かつらぎ町上天野の建治二年板碑について」木下浩良、「丹生都比売神社の建築と天野番匠」鳴海祥博、「天野郷における垣内の講と黒箱文書」吉井敏幸、「天野の御田」伊藤信明、「天野地域文化財目録」
03.10.11

250円

400g
350円
和歌山県立博物館研究紀要  第 9 号
 (特集 紀伊狩野の絵画)

(写)について」高橋克伸、「伝法院の大日如来坐像について─鎌倉時代後期・根来寺周辺の造営活動─」大河内智之、「相賀八幡神社所蔵の大般若経について」竹中康彦、「根来寺における中世石造物の成立と展開」北野隆亮
03.3.31

250円

335g
350円
和歌山県立博物館研究紀要  第 8 号
(特集 根来寺の歴史と文化)

「根来寺勢力の和泉国進出と地域支配(上)」近藤孝敏、「根来寺の出城群」北島大二、「根来寺坊院跡出土漆器の製法について」北野信彦、「根来寺西山城の築城について」菅原正明、「近年の発掘調査から見た中世根来寺の景観」本多元成、「近世根来寺と岩出惣社に関する史料」木村英一

02.10.31

250円

210g
300円
和歌山県立博物館研究紀要  第 7 号
(特集 鞆淵八幡神社と鞆淵荘)

「鞆淵八幡神社の中世文書―『歩付帳』の歴史的位置―」山陰加春夫、「鞆淵八幡神社伝来の沃懸地螺鈿金銅装神輿―制作の時期と工人組織をめぐって―」久保智康、「鞆淵八幡神社の建造物について」山本新平、「鞆淵荘の中世城館」白石博則、「鞆淵荘の交通について」増田博、「鞆淵の年中行事」藤井弘章、「正長元年鞆淵薗大検注帳」高木徳郎、「天正一九年友渕村検地帳」山東示奈・前田正明

01.10.6

250円

430g
350円
和歌山県立博物館研究紀要  第 6 号

「芦雪の童心」宮島新一、「和歌浦の妹背山多宝塔」菅原正明、「忘れられた霊跡─「明恵八所遺跡」に撰定されなかった宮原氏館─」高橋修、「紀ノ川流域に形成された「島」の開発と景観復原─紀伊国伊都郡安田島とその周辺─」前田正明、「新出連歌資料「天正十二年三月五日 賦何木連歌」─連歌という文芸の紹介をかねて─」鶴崎裕雄、「近世紀州書肆出版物編年目録稿(下)」須山高明、「浄妙寺多宝塔安置の五智如来像」大河内智之
01.3.31

250円

300g
300円
和歌山県立博物館研究紀要  第 5 号

「寺社縁起を持つということ─県博本『熊野権現縁起絵巻』をめぐって─」川崎剛志、「有田浄妙寺の破損仏群について」小田誠太郎、「近世紀州における黄檗版大般若経の流布─かつらぎ町萩原自治区蔵大般若経を題材にして─」竹中康彦、「新出の「村上武吉過所旗」について(下)」高橋修、「近世紀州書肆出版物編年目録稿(上)」須山高明、「諸藩で書写された「諸国国絵図」について─川村博忠・黒田日出男の国絵図研究に対する検討─」前田正明、「和歌山県立博物館の常設展示に見られる和歌山の文化・歴史を英語で解説」西川登志美
00.3.31

250円

275g
300円
(※)各送料の欄は、送付用封筒190gを加算した金額です。複数冊ご購入される場合は、各図録の重量を加算した上で送付用封筒190gも加算頂き、送料をご算出下さい。

 

その他取り扱いの専門書籍(雑誌編)

 

(※)ご購入の際には、送付用封筒190gを加算いただき、送料をご算出下さい。

書  籍  名
発 行 者
発行日
価格
重量
和歌山地方史研究 第70号 
和歌山地方史研究会

16.2.28

1,000円

104g
和歌山地方史研究 第69号 
和歌山地方史研究会

15.11.30

1,000円

83g
和歌山地方史研究 第68号 
和歌山地方史研究会

15.4.30

1,000円

77g
和歌山地方史研究 第67号 
和歌山地方史研究会

15.3.1

1,000円

117g

和歌山地方史研究 第66号

和歌山地方史研究会

14.11.30

1,000円
114g

和歌山地方史研究 第65号

和歌山地方史研究会

14.3.15

1,000円
90g

和歌山地方史研究 第64号

和歌山地方史研究会

13.5.31

1,000円
142g

和歌山地方史研究 第63号

和歌山地方史研究会
12.10.31
1,000円
153g
和歌山地方史研究 第62号
和歌山地方史研究会
12.3.31
1,000円
116g
和歌山地方史研究 第61号
和歌山地方史研究会
11.9.30
1,000円
131g
和歌山地方史研究 第60号
和歌山地方史研究会
11.3.31
1,000円
136g
和歌山地方史研究 第59号
和歌山地方史研究会
10.8.31
1,000円
126g
和歌山地方史研究 第58号
和歌山地方史研究会
10.2.28
1,000円
118g
和歌山地方史研究 第57号
和歌山地方史研究会
09.8.31
1,000円
116g
和歌山地方史研究 第56号
和歌山地方史研究会
09.2.28
1,000円
119g
和歌山地方史研究 第55号
和歌山地方史研究会
08.7.31
1,000円
144g
和歌山地方史研究 第54号
和歌山地方史研究会
08.3.31
1,000円
120g
和歌山地方史研究 第53号
和歌山地方史研究会
07.6.30
1,000円
130g
和歌山地方史研究 第52号
和歌山地方史研究会
07.2.28
1,000円
250g
和歌山地方史研究 第51号
和歌山地方史研究会
06.7.31
1,000円
152g
和歌山地方史研究 第49号
和歌山地方史研究会
05.7.31
1,000円
167g
和歌山地方史研究 第48号
和歌山地方史研究会
04.11.30
1,000円
195g
和歌山地方史研究 第47号
和歌山地方史研究会
04.5.31
1,000円
169g
和歌山地方史研究 第45号
和歌山地方史研究会
03.6.30
1,000円
134g
和歌山地方史研究 第43号
和歌山地方史研究会
02.8.31
1,000円
108g
和歌山地方史研究 第42号
和歌山地方史研究会
02.3.31
1,000円
108g
和歌山地方史研究 第41号
和歌山地方史研究会
01.8.31
1,000円
109g
和歌山地方史研究 第40号
和歌山地方史研究会
01.1.31
1,000円
91g
和歌山地方史研究 第39号
和歌山地方史研究会
00.7.30
1,000円
92g
和歌山地方史研究 第38号
和歌山地方史研究会
00.1.1
1,000円
105g
和歌山地方史研究 第37号
和歌山地方史研究会
99.9.30
1,000円
101g
和歌山地方史研究 第36号
和歌山地方史研究会
99.3.31
1,000円
107g

バックナンバーが入りました。詳しくは、お問い合わせ下さい。
(ただいまの取扱号数:1,2,4~9,13,17,22,23/24合併号,28,29/30合併号)
価格は、500円と1000円のものがあります。


書  籍  名
発 行 者
発行日
価格
重量
和歌山地理 第28号 
和歌山地理学会
08.12.25
1,000円
134g
和歌山地理 第27号 
和歌山地理学会
07.12.15
1,000円
159g
和歌山地理 第26号 
和歌山地理学会
06.12.10
1,000円
190g
和歌山地理 第25号 
和歌山地理学会
05.12.12
1,000円
256g
和歌山地理 第24号 
和歌山地理学会
04.12.12
1,000円
168g
和歌山地理 第23号 
和歌山地理学会
03.12.7
1,000円
146g
和歌山地理 第22号 
和歌山地理学会
02.12.1
1,000円
168g
和歌山地理 第21号 
和歌山地理学会
01.12.3
1,000円
163g
和歌山地理 第20号 
和歌山地理学会
00.12.3
1,000円
145g
和歌山地理 第19号 
和歌山地理学会
99.12.13
1,000円
138g
和歌山地理 第18号 
和歌山地理学会
98.12.13
1,000円
166g
和歌山地理 第17号 
和歌山地理学会
97.12.7
1,000円
150g
和歌山地理 第16号 
和歌山地理学会
96.12.1
1,000円
155g

 

書  籍  名
発 行 者
発行日
価格
重量

紀伊考古学研究 第15号

紀伊考古学研究会
12.8.31
2,000円
220g

紀伊考古学研究 第14号

紀伊考古学研究会

11.8.31

2,000円

244g

紀伊考古学研究 第13号

紀伊考古学研究会

10.8.31

2,000円

201g

紀伊考古学研究 第12号
紀伊考古学研究会
09.8.31
2,000円
275g
紀伊考古学研究 第11号
紀伊考古学研究会
08.8.31
2,000円
232g
紀伊考古学研究 第10号
紀伊考古学研究会
07.8.31
2,000円
294g
紀伊考古学研究 第9号
紀伊考古学研究会
06.8.31
2,000円
311g
紀伊考古学研究 第8号
紀伊考古学研究会
05.8.31
2,000円
263g
紀伊考古学研究 第7号
紀伊考古学研究会
04.8.31
2,000円
286g
紀伊考古学研究 第6号
紀伊考古学研究会
03.8.31
2,000円
305g
紀伊考古学研究 第5号
紀伊考古学研究会
02.8.31
2,000円
299g
紀伊考古学研究 第4号
紀伊考古学研究会
01.8.31
2,000円
313g
紀伊考古学研究 第3号
紀伊考古学研究会
00.8.31
2,000円
301g
紀伊考古学研究 第2号
紀伊考古学研究会
99.8.31
2,000円
328g
紀伊考古学研究 第1号
紀伊考古学研究会
98.8.31
500円
199g
紀伊考古学談話会会報 合冊3号
紀伊考古学研究会
97.9.30
500円
316g

 

書  籍  名
発 行 者
発行日
価格
重量

和歌山城郭研究 第15号

和歌山城郭研究会
16.4
1200円
373g
和歌山城郭研究 第14号
和歌山城郭研究会
15.4
1000円
346g
和歌山城郭研究 第13号
和歌山城郭研究会
14.4
1000円
265g
和歌山城郭研究 第11号
和歌山城郭研究会
12.4
1000円
343g
和歌山城郭研究 第10号
和歌山城郭研究会
11.4
1000円
311g
和歌山城郭研究 第9号
和歌山城郭研究会
10.4
1000円
351g
和歌山城郭研究 第7号
和歌山城郭研究会
08.3
800円
282g

 

書  籍  名
発 行 者
発行日
価格
重量
南紀徳川史研究 第9号 
南紀徳川史研究会
10.6.20
1,000円
135g
南紀徳川史研究 第8号 
南紀徳川史研究会
04.12.20
1,000円
200g
南紀徳川史研究 第7号 
南紀徳川史研究会
01.11.11
1,000円
185g
南紀徳川史研究 第6号 
南紀徳川史研究会
97.3.1
1,000円
156g
南紀徳川史研究 第5号 
南紀徳川史研究会
94.9.1
1,000円
310g
南紀徳川史研究 第4号 
南紀徳川史研究会
91.7.1
1,000円
150g

 

書  籍  名
発 行 者
発行日
価格
重量
天野の文化と民俗 第3号 
天野歴史文化保存会
99.10.21
1,000円
200g
天野の文化と民俗 第2号 
天野歴史文化保存会
93.3.21
1,000円
260g

 

書  籍  名
発 行 者
発行日
価格
重量
根来寺文化研究所紀要 第2号 
総本山根来寺
根来寺文化研究所
05.10.8
2,000円
369g
根来寺文化研究所紀要 第3号 
総本山根来寺
根来寺文化研究所
06.10.14
2,500円
363g
根来寺文化研究所紀要 第4号 
総本山根来寺
根来寺文化研究所
07.10.13
2,500円
342g
根来寺文化研究所紀要 第5号 
総本山根来寺
根来寺文化研究所
10.3.31
2,500円
324g
根来寺文化研究所紀要 第6号 
総本山根来寺
根来寺文化研究所
11.3.31
2,500円
338g

 

その他取り扱いの専門書籍(書籍・報告書編)

  

(※)ご購入の際には、送付用封筒190gを加算いただき、送料をご算出下さい。

  

書  籍  名
発 行 者
発行日
価格
重量
紀伊国名手荘・静川荘地域調査
紀の川流域荘園詳細分布
調査委員会編
04.3.31
2,000円
810g
中世再現 1240年の荘園景観
―南部荘に生きた人々― 
和歌山中世荘園調査会編
03.3.31
3,240円
1250g
高野桝をつくらせた荘園
―もうひとつのカタカナ書き百姓申状の世界―
紀の川流域荘園詳細分布
調査委員会編
03.3.31
2,000円
870g
紀伊国隅田荘現況調査 
紀の川流域荘園詳細分布
調査委員会編
00.3.31
2,000円
700g

 

『紀ノ川流域堤防井堰等遺跡調査報告書』2(那賀郡編)
和歌山井堰研究会
04.2.29
1000円
248g
『紀ノ川流域堤防井堰等遺跡調査報告書』1(橋本市・伊都郡編)
和歌山井堰研究会
02.8.31
1000円
242g